スポンサーリンク

ボードゲーム紹介

【正体隠匿系】少人数でも遊べる!おすすめ人狼系ボードゲーム5選!

正体隠匿とは?

正体隠匿とは、各プレイヤーに役割(役職)が割り当てられ、自分の正体を隠したり、時には明かしたりしながら、自分の役割(チーム)の勝利条件を満たすために、話し合いをしながら、ゲームを進行していくジャンルのことを指します。

代表的な作品としては、『人狼ゲーム』が挙げられ、現在ではボードゲーム初心者から経験者の方まで、幅広く正体隠匿系のゲームが遊ばれています。

さて、今回はそんな正体隠匿系ゲームの中から、”少人数”でも遊べる!選りすぐりの作品を5つ紹介しちゃいます!

最後までご覧いただければ、きっとあなたが遊びたい作品が見つかるでしょう!

 ワンナイト人狼

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
3~7人 10分 10歳~

一番はじめに紹介するのは、定番『ワンナイト人狼』

人狼ゲームを”少人数"で遊べるようにルールを改良したもので、タイトル通り『ワンナイト(一夜)』にして、決着がつく人狼ゲームです。

役職はおなじみの「市民」・「人狼」・「占い師」に加え、「怪盗(他の人と役職交換)」があり、ワンナイト人狼ならではのゲーム展開が楽しめます!

通常の人狼ゲームと違い、プレイ時間が1プレイ10分もかからず、プレイヤーが脱落することもないので、何回でも気軽に遊べるゲームです!

気軽に人狼ゲームを楽しみたい方はぜひ!

ポイント

少人数で遊べる人狼ゲーム

ルール役職シンプルで分かりやすい

短時間で終わるため、何回でも遊びたくなる

 犯人は踊る

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
3~8人 10~20分 8歳~

こちらの『犯人は踊る』ですが、正体隠匿系ゲームの中ではかなり珍しく、プレイヤーの役職がプレイ中に”コロコロ変わる”ゲームです。

プレイヤーは、ゲーム開始時にカードが4枚配られて、そのカードを自分の手番にプレイ(場に出す)していきながら、その効果を使用します。

カードの中には探偵犯人といった役職のカードが存在。

[”探偵”は犯人(カードを持つ)プレイヤーを当てると勝利]

[”犯人”は場に(犯人)カードを出すことができれば勝利]※最後の手札が犯人カードだけの時、場に出すことができる

このように、カードの効果を使い、プレイヤーは勝利を目指していきますが、ほとんどの効果が他のプレイヤーとカードを”入れ替える”効果であるため、誰がどのカードを持っているか分からなくなります。

そのため、常に”カードの動き”推測をすることが重要となります!

カードを出すだけのシンプルなゲームですが、かなり奥深いのでぜひ一度遊んでみてください!

ポイント

・役職がコロコロ変わる正体隠匿系ゲーム

・役職に応じた勝利条件を目指す

・カードの動きを推測するのが大事

 タイムボム

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2~8人 1~30分 10歳~

ジリジリ緊張感のあるゲームがこちらの『タイムボム』

プレイヤーは、タイムポリス(警察)と爆弾魔に分かれて対決します。

警察が全ての爆弾を解除できるか?

爆弾魔が爆発を成功させてしまうか?

最後まで脱落者が”出ない”のも、このゲームの魅力!

運と実力の両方が試され、初心者でも気軽に遊ぶことができるゲームです!

ポイント

タイムポリス(警察)VS爆弾魔の正体隠匿系ゲーム

最後まで脱落者が出ない

運要素もあり、初心者でも気軽に遊べる

 お邪魔者

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
3~10人 30分 8歳~

疑心暗鬼の中で、炭鉱を掘り進め金鉱を掘り当てる名作『お邪魔者』

プレイヤーは、金鉱掘りお邪魔者に分かれて対決します。

プレイヤーは手札にあるカード(進路)を場に出して、道をつなげていきながら、どんどん炭鉱を掘り進めていきます。

しかし、お邪魔者だけは金鉱掘りにバレないよう、密かに進路を妨害します。

金鉱掘りはたくさん金塊を集めないといけないですが、お邪魔者がそうはさせません!

お邪魔者として、自分の思惑通りにいったときはとても楽しいです!

ポイント

カード配置型の正体隠匿系ゲーム

・お邪魔者は密かに金鉱掘りの進路を妨害する

少し変わった正体隠匿系ゲームを遊んでみたい方にぜひおすすめ

↓拡張があるとさらに盛り上がります!

 エセ芸術家ニューヨークへ行く

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
5~11人 20~30分 8歳~

最後に紹介するのは、お絵かきが楽しめる『エセ芸術家ニューヨークへ行く』

プレイヤー全員で、とある絵(お題)を一筆書きで順番に描きますが、1人だけお題を知らずに参加しているプレイヤー(人狼)がいます。

お題を知るプレイヤーは、知らないプレイヤー(=人狼)を当てることが勝利条件です。

しかし、人狼にそのお題が何か当てられてしまうと、人狼の逆転勝利となります。

他のプレイヤーから信頼を得るために、絵を上手く描きすぎてしまうと、人狼にお題を見破られてしまうので注意が必要。

絵の上手さを競うゲームではないため、絵心のない方でもワイワイ盛り上がれます!

ポイント

お絵かき×正体隠匿系

・全員で一つの絵を描いていくが、人狼だけお題を知らない

絵心がなくても十分楽しめる

 

↓正体隠匿系が好きな方はこちらの記事もおすすめ!

スポンサーリンク

人気記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たまご

たまご

ボードゲームカフェでバイトをしている、ライトボードゲーマー。所持しているボードゲームの数は20個ほど。一番好きなのは『テレストレーション』。ゆる~く・まったりボードゲームについて紹介。そのほかカードゲームの作り方や、さまざまな情報をみなさんにお届けしたいと思います!

-ボードゲーム紹介
-, , ,

© 2023 たまごのボードゲームライフ Powered by AFFINGER5