スポンサーリンク

ボードゲーム紹介

【お絵かき系】みんなで画伯になろう!おすすめボードゲーム5選!

みんなでお絵かきが楽しめるボードゲームをお探しではありませんか?

そんな方にぜひ見ていただきたい!

大勢でワイワイ楽しめる♪お絵かきボードゲームを5つ厳選して紹介します!

この記事を最後まで見れば、あなたが遊びたいゲームがきっと見つかるでしょう。

 テレストレーション

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
4~8人 30分 12歳~

個人的”最高傑作”がこちらの『テレストレーション』

このゲームを一言で表すと【お絵かき伝言ゲーム】

自分が描いた絵を、しっかり最後の人まで伝えられることができるかを楽しむゲームです。

本来は得点を競うゲームですが、勝敗関係なしに盛り上がれるのがこのゲームの良いところ!

絵を描くのが苦手な方でも楽しめる作品です!

ポイント

・お絵かき伝言ゲーム

・絵心がなくても楽しめる

・最大8人でワイワイ盛り上がれる

 ピクトマニア

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
3~6人 30~45分 8歳~

続いてがこちら『ピクトマニア』

先ほどのテレストレーション同様、自分が描いた絵(お題)を他の人に当ててもらうゲームです。

他の人の絵を当てるとともに、他の人に自分の絵を当ててもらわないと減点になるので注意!

絵心と相手の絵を当てるセンスが試される作品です!

ポイント

・自分の絵を他の人に当ててもらう

・他の人の絵も当てなければいけない

・絵心と推理力が試される

 みんなでぽんこつペイント

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2~12人 10分 6歳~

シンプルかつ楽しいのがこちら『みんなでぽんこつペイント』

こちらのゲームは少し特殊で、お題の絵を"丸""直線”のみで描いて、解答者に当ててもらうゲームとなっています。

また、画数が少ない人から解答者に絵を見せることができるため、できるだけ画数を抑えて描く必要があります。

画数を極限まで少なくして、早い手番で解答者に当ててもらうか。

それとも、画数を多くし、しっかり絵を完成させ解答者に当ててもらうか。

とてもユニークなお絵かきゲームです!

ポイント

・丸と直線のみで絵を描く

・できるだけ少ない画数で描く

・子どもも楽しめるシンプルなゲーム

 エセ芸術家ニューヨークへ行く

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
5~10人 20分 8歳~

お絵かき×正体隠匿系という独自のゲームがこちら『エセ芸術家ニューヨークへ行く』

全員が一つの絵(お題)を、順番に”一筆書き”で描いていくのですが、実はお題を知らないプレイヤー(=エセ芸術家)が一人紛れています。

お題を知るプレイヤーは、エセ芸術家を探し当てましょう!

しかし、エセ芸術家にお題を当てられてしまうと、負けになるため、エセ芸術家にお題を悟られないように注意しながら、絵を描いていく必要があります。

人狼好きの方におすすめの作品です!

ポイント

・人狼要素のあるお絵かきゲーム

・1人だけ描いている絵のテーマを知らない

・人狼に悟られないよう、全員で1つの絵を描いていく

 デュプリク

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
3~10人 45分 8歳~

ユニークな絵が特徴的な『デュプリク』

プレイヤーは毎回1人ずつ、お題となる絵を自分だけ見ながら、他のプレイヤーに対して言葉のみで説明します。
※個性的な絵なので伝えるのが難しい

説明を聞いたプレイヤーは、各自ボードに絵を描いていきます。

制限時間がたったの90秒なので、伝える側も描く側も、的確かつ素早く行わなければいけません。

予め決められた要素(絵の特徴)を描くことができていたら、得点が入り、その得点数を競うゲームとなっています。

絵心だけでなく、説明力も必要な作品です!

ポイント

・親プレイヤーは描いてもらう絵を”言葉のみ”で伝える

・抽象的な絵のため、伝えるのが難しい

・90秒間でお題に近い絵を描くスピーディーさが必要

 

↓こちらの記事もおすすめ!

スポンサーリンク

人気記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たまご

たまご

ボードゲームカフェでバイトをしている、ライトボードゲーマー。所持しているボードゲームの数は20個ほど。一番好きなのは『テレストレーション』。ゆる~く・まったりボードゲームについて紹介。そのほかカードゲームの作り方や、さまざまな情報をみなさんにお届けしたいと思います!

-ボードゲーム紹介
-, ,

© 2023 たまごのボードゲームライフ Powered by AFFINGER5