スポンサーリンク

ボードゲーム制作

【第2回】カードゲームを作ろう!~メカニクス考案/コンポーネント編~

本シリーズは、カードゲームを作っていくまでの過程を書いた記事です。

今回の記事を見ていただくことで、

『メカニクス考案』『コンポーネント』について知ることができます!

 前回のあらすじ

↓前回

大まかな流れ

  • コンセプトを決める
  • 企画書の作成
  • メカニクス考案
  • 必要なコンポーネント(道具)を購入
  • 試作品の作成
  • テストプレイ
  • 改善点の修正
  • 完成

それでは、早速解説していきます!

 メカニクス考案

カードゲーム作り方

今回は、作成した企画書を見ながら、メカニクス(ルール)を考えていきましょう。

作成する際のツールは、『パソコン』『スマホ』『紙』なんでもOK!
(遊び方がすでに思い浮かんでいる方は、ひたすら書いていきましょう)

カードゲームのルールを決める際、以下のようにさまざまな要素を考える必要があります。

ルール案(参考までに)

1,【ゲーム展開】

 ・手札制配られた状態からスタート⇒自分の手札を出していく

 ・山札制:手札はなく山札(or場)のカードのみでゲームが展開される

 ・TCG制:山札からカードを引く⇒手札のカードを出す

2,【プレイ方法】

 ・同時型:プレイヤー全員が同時にゲームをプレイ

 ・手番型:各プレイヤーに手番(順番)がある

3,【勝利条件】

 ・1ラウンド制1ラウンドで勝敗が決まる 

 ・ラウンド制指定のラウンドが終了した時点で、一番ポイントが高いプレイヤーの勝利

 ・ポイント制指定のポイントが貯まったプレイヤーの勝利

 ・脱落制:他のプレイヤーを脱落させていき、最後に生き残ったプレイヤーの勝利

4,【対戦方法】

 ・カードの強さで戦う

 ・カードの効果で戦う

 ・特定のカード(役)を揃えて戦う

上記以外にも、数多くある遊び方のパターンから『これがいい!』

と思うものを組み合わせましょう。

ちなみに、協力プレイの場合は「敵を用意」したり、何かしらの「条件」を全員でクリアするなど、対戦ゲームとは違った”観点”から遊び方を考えましょう。

アイデアを出すのにおすすめなツールとして、前回同様『XMind』(無料)を使うといいです!

ただ、正直はじめてカードゲームを作る上で、オリジナルルールを考えるのは至難の業…

カードゲーム作り方

ノートにひたすら書いていく…

どうしてもアイデアが思い浮かばない方は、

好きなカードゲームや、YouTubeで『カードゲーム』と検索し、

参考にするルールに自分のアイデアを盛り込むといいでしょう!

↓こちらの『ゲームメカニクス大全』はボードゲームのシステム(全184種類)が掲載されているので超おすすめ!

↓『ゲームメカニクス大全』のレビューはこちら!

頭の中で遊んでみる

ボードゲーム作り方遊び方がある程度まとまったら、一度頭の中で遊んでみましょう!

想像上で遊んでみるだけでも、意外と改善点矛盾点が見つかります。

この段階で発見できた問題は今のうちに解決しておきましょう!

もし、想像上で遊ぶのが難しい場合は、A4のコピー用紙など、

適当な紙に書いて遊んでみるのもアリです!

何回か遊び終われば、次のステップにいきましょう!

 必要なコンポーネントを購入

ボードゲームのコンポーネント

ここまできたら、今度は買い物です。

作るために必要なもの、遊ぶために必要なものを揃えていきましょう。

購入先は、『100均』『フリマアプリ』『ネットショッピング』…etc

色々ありますが、安くてバラエティ豊富な『100均』で購入するのがおすすめ!
(もし、欲しい商品が無い場合、フリマアプリ等で購入を検討しましょう)

店内を眺めていると、クラフト用品事務用品など、意外なコーナーで使える商品が見つかったりします。(これが結構楽しい)

お買物リスト(例)

・名刺用紙※詳しくは次のステップで解説
・サイコロ(4個)
・クラフト用ビーズ(50個)※得点用
・カッターマット
・ペーパーカッター

※プレイ人数に応じて、個数を予め決めておきましょう

ボードゲームコンポーネント

私が実際に購入した商品(一部)

欲しい物が購入できたら、今回はここまで!

 

↓次はいよいよ試作品を作っていきます!

スポンサーリンク

人気記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たまご

たまご

ボードゲームカフェでバイトをしている、ライトボードゲーマー。所持しているボードゲームの数は20個ほど。一番好きなのは『テレストレーション』。ゆる~く・まったりボードゲームについて紹介。そのほかカードゲームの作り方や、さまざまな情報をみなさんにお届けしたいと思います!

-ボードゲーム制作
-,

© 2023 たまごのボードゲームライフ Powered by AFFINGER5