スポンサーリンク

ボードゲーム紹介

【軽量・コンパクト】キャンプに持っていきたい!おすすめカードゲーム10選!

みなさんはキャンプに行ったとき、どのように時間を過ごしますか?

トランプやUNOで遊ぶのも、もちろん楽しい…

ですが!

今回私が紹介するのは、一味違うカードゲーム!

この記事を見れば、あなたのキャンプがより一層盛り上がること間違いなし!

 ラブレター

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2~4人 5~10分 10歳~

まずはじめに紹介するのが、カードゲームの名作『ラブレター』

プレイヤーは2枚持っているカードのうち、どちらかを場に出し、その効果を使います。

そうして、他のプレイヤーを脱落させていき、勝利を目指します。

ルールがとても簡単なため、気軽に誰でも遊ぶことができます!

3~4人でキャンプをするときの”必須アイテム”です!

ポイント

・カンタン!楽しい!短時間!

・他のプレイヤーを脱落させる

・3~4人で遊ぶのにおすすめ!

 ワンナイト人狼

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
3~7人 10分~20分 10歳~

キャンプに持ち込めば雰囲気満点!『ワンナイト人狼』

こちらは、人狼ゲームを少人数で遊べるように改良した作品で、

短時間で決着がつく人狼ゲームです。

ふつうの人狼ゲームと違い、プレイ時間が1プレイ10分程度と短時間!

人狼に倒されたプレイヤーが暇になることもないので、

何回でも遊びたくなります!

ポイント

・少人数で遊べる人狼ゲーム

・短時間で楽しめる

・キャンプに持ち込めば雰囲気満点

 犯人は踊る

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
3~8人 10分~20分 8歳~

大人数で遊ぶのにおすすめなのが『犯人は踊る』

プレイヤーは、ゲーム開始時にカード4枚が配られます。

そして、それらのカードを自分の場に出していきながらゲームを進めていきます。

カードの中には『探偵』『犯人』といった役職のカードが含まれています。

ほとんどのカードが手札を他のプレイヤーと入れ替える効果であるため、

誰がどの役職かわからなくなってきます!

あなたの運と推理力が試されます!

ポイント

・正体隠匿系カードゲーム

・プレイヤーの役職がコロコロ変わる

・推理が好きな方におすすめ

 ito

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2~10人 30分 8歳~

相手の意図(いと)を理解する、協力型カードゲーム『ito(イト)』

1~100の数字カードのうち、1枚が各プレイヤーに配られます。

その数字を言葉にせず、決められた”テーマで表現”して、他のプレイヤーに伝えます。
(例)テーマが”フルーツのサイズ”のとき:
数字が80(大きい)⇒「メロン」、数字が5(小さい)⇒「いちご」、数字が20(少し小さい)⇒「りんご」

そして、全員がテーマに沿って表現したら、それらのカードを順番に小さいものから出していきます。

無事、小さな数字からカードを出すことができれば”成功”となります。

ちなみに対戦プレイも可能!

ワイワイ会話で盛り上がりたい方はぜひ!

ポイント

・協力型カードゲーム

・数字の「大きさ」を別の”テーマ”に例えて伝える

・自然と会話が盛り上がる

 コヨーテ

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2~10人 15分~30分 10歳~

シンプルイズベストなパーティーゲーム『コヨーテ』

このゲームは一言でいうと、インディアンポーカーです。

シンプル・ハラハラする心理戦を楽しむことができます!

ポイント

・インディアンポーカーと似ている

・最大10人まで遊ぶことができる

・子どもから大人まで幅広く楽しめる

 ハゲタカのえじき

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2~6人 20分 8歳~

バッティング系カードゲーム『ハゲタカのえじき』
※バッティング系・・・出したカードが他の人と被ってはいけないジャンルのこと

プレイヤーは、一斉に1~15の数字カードを、自分の手札から出します。

そして、全員の中で一番大きい数字を出したプレイヤーが、場の得点カードを獲得することができます。

このゲーム、とてもシンプルですが、1つだけ”注意点”があります。

それは、他のプレイヤーと”同じ”数字カードを出してしまうと、そのカードは”無効”になるのです!

高い数字を出して、他のプレイヤーと被ってしまうと、後々のラウンドがつらいことに…

読み合いと駆け引きが楽しめるカードゲームです♪

ポイント

・バッティング系カードゲーム

・手札の数字カード出していくだけのシンプルなゲーム

・読み合いと駆け引きが楽しめる

 6ニムト

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2~10人 45分 8歳~

大人数で遊べる頭脳戦カードゲーム『6ニムト』

”ニムト”は日本語で「取れ」という意味で、

つまりは「6は取れ!というのがタイトルの意味です。

プレイヤーは1~104の数字カードのうち10枚を持ち、山札の上から数字カード4枚を場に並べて、ゲームが開始されます。

ルールはとてもシンプルで、各プレイヤーは手札から数字カードを1枚伏せて出します。

その後、一斉にオープンします。

このとき、数字が小さい順に、かつルールに従い、カードを場に並べていきます。

そうして、6枚目のところにカードを置いてしまったプレイヤーは、その列のカード(マイナス点)を引き取ります。

最終的に、マイナス点が66点を超えたプレイヤーが敗北。

ほどよい頭脳戦・大人数で盛り上がりたい方におすすめ!

ポイント

・頭脳戦カードゲーム

・1~104までの数字カードを7並べのように出していく

・大人数で頭脳戦を楽しみたい方におすすめ

 ペンギンパーティ

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2~5人 15分 6歳~

ペンギンたちを積み上げるカードゲーム『ペンギンパーティ』

プレイヤーは、手札のペンギンカードを”ピラミッド”のように、積み上げるようにして出していきます。

ただし、上に積むことができるペンギンは、下のペンギンと同じ色に限られます!
※出せない場合は『パス』(以降そのラウンドではカードが出せない)

そのため、場の状況と自分の手札をよく見ながらカードを出していきましょう。

カンタンですが少し頭を使うカードゲームです!

ポイント

・ペンギンを積み上げるカードゲーム

・下のペンギンと同じ色のペンギンを積み上げていく

・カンタンだが少し頭を使う

 インフェルノ

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
3~7人 20分 8歳~

変化型UNOのようなカードゲーム『インフェルノ』

ルールはほとんどUNO!

前のプレイヤーが出したカードと同じ色、もしくは同じ数字を手札から出していきます。

ただし、UNOと違い手札補充がありません!

そのため、どこかのタイミングで必ずカードを出せないプレイヤーが出てきます。

カードを出せなくなったプレイヤーは、場に出されたカードをマイナス点として、

全て引き取らなければいけません!

カードが出せなくなりそうな場合は、場のカードが少ないうちに、早めに引き取るのも一つの手!

チキンレースが楽しめるカードゲームです!

ポイント

・チキンレース系カードゲーム

・基本ルールはUNOと同じ

・カードが出せなければマイナス点をもらう

 バトルライン

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2人 30分 12歳~

2人対戦カードゲームの最高傑作!『バトルライン』

ルールはカンタンで、手札の7枚のカードのうち、

好きなカード1枚を9つのコマが並べられた場に、お互いに出していきます。
※カードは全60枚。1~10までの数字・各6色のカードがある。

カードは同じ場所に3つ出すことで、ポーカーのようにが与えられます。

この役の強さで相手と勝負していき、コマを取り合います。

何回遊んでも飽きない!戦略性の高いカードゲームです!

ポイント

・2人対戦カードゲームの最高傑作

・ポーカーのように役を作り相手と勝負

・戦略性があり面白い

↓こちらの記事もおすすめ!

スポンサーリンク

人気記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たまご

たまご

ボードゲームカフェでバイトをしている、ライトボードゲーマー。所持しているボードゲームの数は20個ほど。一番好きなのは『テレストレーション』。ゆる~く・まったりボードゲームについて紹介。そのほかカードゲームの作り方や、さまざまな情報をみなさんにお届けしたいと思います!

-ボードゲーム紹介
-, ,

© 2023 たまごのボードゲームライフ Powered by AFFINGER5