スポンサーリンク

ボードゲーム紹介

【ボドゲカフェ店員の僕がおすすめする】ボードゲームベスト10!

ボードゲームカフェで働いていると、お客様から

「おすすめのボードゲームはありますか?」

と、よく聞かれることがあります。

そこで今回は、私がお客様におすすめするボードゲーム10個をランキング形式で発表します!

最後までこの記事を見ていただければ、あなたの遊びたいボードゲームが見つかるはず!

 【10位】犯人は踊る

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
3~8人 10~20分 8歳~

『犯人は踊る』は、大人数で遊べる推理系カードゲームです。

プレイヤーにそれぞれカードが4枚配られゲームがスタートします。

やることはとてもカンタンで、自分の手番になったら、手札のカードを出して、効果を発動させます。※カードは「手札のカードを他のプレイヤーと入れ替える」効果が多い

カードの中には、「探偵」「犯人」といったカードがあり、これらの条件を満たす(効果を使う)ことで勝利できます。

シンプルですが、心理戦が楽しめるおすすめカードゲームです!

ポイント

推理系カードゲーム

・手札のカードを出すだけのカンタンルール

・シンプルながら心理戦が楽しめる

↓『犯人は踊る』に興味のある方はこちらの記事もおすすめ!

 【9位】ディクシット

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
3~6人 30分 6歳~

コミュニケーション系ボードゲームの名作『ディクシット』

プレイヤーは1人6枚カードが配られ、1人ずつ交代で語り部(親)になります。

語り部は自分の手札を1枚を選び、その絵柄から”連想される言葉(擬音でも可)を伝え、他のプレイヤーは自分の手札から、その言葉に”関係していそうな”カードを1枚選びます。

そして、全プレイヤーがカードを1枚ずつ裏返して場に出したら、語り部がそれらをシャッフルして並べます。

語り部は全員に当てられたり、逆に全員に外されたりした場合、ポイントがもらえないため、なるべく”あいまいな言葉”を伝えなければいけません。

最終的に、山札の最後のカードが引かれた時点でゲーム終了となり、獲得したポイントが一番多いプレイヤーが勝利します。

カードイラストがとてもおしゃれで、雰囲気満点のゲームです!

ポイント

コミュニケーション系ボードゲーム

・カードから連想される言葉を考える

イラストがおしゃれでGOOD

 【8位】コードネーム:デュエット

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2人 15~30分 10歳~

2人専用の協力ボードゲームといえばこちらの『コードネーム:デュエット』

プレイヤーは、お互い協力して”コードネーム”を頼りに、全エージェント(全15枚)とコンタクトを取ることが勝利条件となります。

基本的なルールは「コードネーム」とほとんど同じですが、2人で遊べるように、システムが変更されています。

2人で協力できるボードゲームをお探しの方におすすめ!

ポイント

協力型ボードゲーム

・基本的なルールは「コードネーム」とほとんど同じ

2人で協力したい方におすすめ

 【7位】ゴモジン

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
3~6人 15~30分 12歳~

安定した面白さを誇るパーティーゲーム『ゴモジン』

プレイヤーは1人が回答者(親)となり、他のメンバーはお題カードに書かれたお題を確認します。

そして、お題に関するヒントを「漢字2文字+カタカナ3文字」の計5文字で自分のボードに書きます。

書けたプレイヤーは早い者勝ちで回答順トークンを取っていき、回答者(親)は回答順トークンの順番でヒントを見て、お題を当てます。

回答者は少ないヒントの数でお題を当てられれば、高いポイントを獲得できます。

ほどよく頭の使えるパーティーゲームとしておすすめ!

ポイント

・親はお題が何かをヒントを頼りに当てる

・ヒントは「漢字2文字+カタカナ3文字」で伝える

ほどよく頭の使えるパーティーゲーム

 【6位】カタンの開拓者たち

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
3~4人 40~60分 10歳~

ボードゲームの傑作『カタンの開拓者たち』

プレイヤーは、無人島であるカタン島を舞台に、島を開拓していくボードゲームです。

開拓地を増やしたり、街を成長させたりなど行っていくと、ポイントを獲得することができ、先に10ポイント獲得したプレイヤーが勝利となります。

しかし、開拓等を行う際には、「資源」が必要になります。

そのため、プレイヤーはあらゆる手段(他プレイヤーとの取引等)で資源を獲得していきながら、自分の土地を拡大していきます。

ちなみに、3人で遊ぶ場合と4人で遊ぶ場合では、戦略性が異なったり、初期のタイル(資源を獲得できる場所)配置次第で、無限に戦略性が生まれるため、遊ぶ度に考えさせられるボードゲームです。

戦略性が高いですが、運ゲー要素も含まれるため、初心者の方も楽しめるボードゲームです!

ポイント

無人島を開拓していくボードゲーム

・他のプレイヤーと取引を行ったりなどして「資源」を獲得

運ゲー要素もあるため初心者の方も楽しめる

↓『カタンの開拓者たち』に興味のある方はこちらの記事もおすすめ!

拡大再生産系
【拡大再生産系】資産を増やしてどんどん成長!おすすめボードゲーム5選!

続きを見る

 【5位】ito

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2~10人 30分 8歳~

『ito』協力型カードゲームで、ルールも簡単なため、ボードゲーム初心者でもすぐに遊ぶことができます。

私は、友達グループでご来店されたお客様によくおすすめしています!

プレイヤーは1人1枚(1~100の数字カード)のカードが1人1枚ずつ配られ、数字を直接言葉にせずに、みんなでテーマに沿って、自分のカードの数字を"表現”します。

テーマによっては、同年代でも価値観(表現方法)が人によってぜんぜん違うので、このゲームはそのズレを楽しむことができます!

大勢でワイワイしたい方におすすめの作品です!

ポイント

協力型カードゲーム

・自分の手札の数字をテーマに沿って表現

大勢でワイワイしたい方におすすめ

 【4位】もっとホイップを!

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2~5人 20分 8歳~

『もっとホイップを!』1ホールのケーキを切り分けて、それらをみんなで取っていき点数を稼いでいくゲームです。

取ったケーキを「食べる」「取っておく」か、どちらかを選ぶことができ、その選択次第で最後の点数計算に大きく影響を与えます。

私は、男性グループだけでなく女性グループのお客様にもおすすめします!(パッケージやコンポーネントがカワイイから!)

インスタ映えする見た目の可愛さとは裏腹に、ハラハラ白熱する対戦ゲームとなっています!

ポイント

ケーキを切り分け、みんなで取っていく

・「食べる」か「取っておく」かの選択が大事

デザインが可愛く女性にもおすすめ

 【3位】テレストレーション

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
4~8人 30分 12歳~

『テレストレーション』は簡単に言うと、お絵かき伝言ゲームです。

お題に沿ってボードに描いた自分の絵を、隣のプレイヤーだけに見てもらい、その絵のお題が何かを予想して書いてもらいます。

そして、さらにその隣の人が、先ほどのプレイヤーが予想して書いたお題に沿って絵を描いていきます。

これを全員が同時進行で行っていき、最終的に自分のボードが手元に戻ってきたら結果発表!

自分の絵(お題)が最後の人までしっかり伝わっていれば成功!

伝わっていなければ失敗...ですが、このゲームは失敗したほうがむしろ面白いです!

自分の描いた絵がどうしてそうなった!?というような、驚きの解答が連発し、私も遊ぶときはよく大笑いします!

大人数で遊べるお絵かきパーティーゲームとしてうってつけです!

ポイント

お絵かき伝言ゲーム

絵心がなくても楽しめる

個人的No.1ボードゲーム

↓『テレストレーション』に興味のある方はこちらの記事もおすすめ!

お絵かき系
【お絵かき系】みんなで画伯になろう!おすすめボードゲーム5選!

続きを見る

 【2位】タギロン

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2~4人 15分 10歳~

頭の使うゲームをお探しの方はこちらの『タギロン』がおすすめです!

こちらはいわゆる数字当てゲームで、場に並べられた質問カード(相手の数字のヒントを知る手段)をお互いに使っていき、先に相手の数字(5桁)を当てたプレイヤーが勝利となります(3人以上で遊ぶ場合は少しルールが異なります)。

消去法や数字の組み合わせなどから、相手の数字を絞り込んでいき、そうして数字を見事当てた時の快感はたまりません!

2~4人で頭脳戦をしたいならぜひ遊んでみてください!

ポイント

数字当てゲーム

・場にある質問カードで相手の数字を絞り込む

2~4人で頭脳戦を楽しみたい方におすすめ

↓『タギロン』に興味のある方はこちらの記事もおすすめ!

頭を使うゲーム
【2人対戦】カップルや友達と頭を使おう!おすすめ頭脳戦ボードゲーム10選!

続きを見る

 【1位】ラブレター

プレイ人数 プレイ時間 対象年齢
2~4人 20分 10歳~

最後に紹介するのが、名作『ラブレター』です!

こちらのゲームは私がボードゲームカフェの面接で、ボードゲームのインスト(ルール説明)をしたときにもお世話になった作品で、友達とよく遊ぶゲームです!

ボードゲームカフェ
【採用!】ボードゲームカフェのバイト面接の内容とは?

続きを見る

プレイヤーは2枚持っているカードのうち、どちらかを場に出し、その効果を使用します。

そして、他のプレイヤー全員を脱落させていくというシンプルゲームです。

1プレイ5分もかからないため、サクッと遊べます!

『ボードゲーム初めてなんですけど、おすすめのゲームありますか?』

と聞かれたら、真っ先におすすめする!

そんな私の中での定番作品です!

ポイント

かんたんルール・短時間で遊べる心理戦カードゲーム

・カードの効果を使い他のプレイヤーを脱落させる

ボードゲーム初心者におすすめ

↓ボードゲームカフェに興味のある方はこちらの記事もおすすめ!

スポンサーリンク

人気記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たまご

たまご

ボードゲームカフェでバイトをしている、ライトボードゲーマー。所持しているボードゲームの数は20個ほど。一番好きなのは『テレストレーション』。ゆる~く・まったりボードゲームについて紹介。そのほかカードゲームの作り方や、さまざまな情報をみなさんにお届けしたいと思います!

-ボードゲーム紹介
-, , , , ,

© 2023 たまごのボードゲームライフ Powered by AFFINGER5